スタイルも東京では変わってきたような気がします

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 15:29

この東京の作者は3作目で亡くなりましたが、生涯で最大10作までの計画があり、続編を待つ人気作だったため、作家は4作目から話を変えました。

作家が変わるとスタイルも変わってきたような気がしますが、読みやすくなったと言えます。
ただし、東京作品であるため、翻訳者の影響を受ける可能性があります。

東京『火と月の間に』

 

とにかく、これは東京と呼ばれる女性キャラクターの非常に魅力的なシリーズであり、彼女が現れるたびに、彼女は確かに興奮、ドキドキ、嫌がらせに悩まされるので、弱い心を持つ人にはお勧めできません。
出資するために、教育と相棒を担当する調査第1部および第2部長の村西徹(32)が、新しい女性従業員の柴田淳(24歳)に加わり、郊外のフライドチキン店で刺しました。 。私は


店内では、柴田が店員をチェックし、マヤマが職員室のモニターをチェックしていました。

この新田柴田は、日本のトップクラスの大学を天才的な精神で卒業し、洞察力と論理を持ち、調査資料と証言の矛盾に多くの穴を見つけ、

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM